最新モデル好評発売・予約受付中!!

メーカー希望小売価格は参考価格(諸費用別)です。

2024年2/22(木)発売!!

GSX-8S(各色)

メーカー希望小売価格¥1,067,000(消費税10%込)

無限の可能性、無限の楽しみ。新時代のネイキッドストリートファイター・GSX-8Sがカラーチェンジして登場。NEWカラーとして登場したのがグラスマットメカニカルグレーとマットブラックメタリックNo.2。パールコズミックブルーは2023年モデルからの継続カラーとなります。メーカー希望小売価格は2023年モデルから据え置きです。

2024年2/22(木)発売!!

Vストローム800DE(各色)

メーカー希望小売価格¥1,320,000(消費税10%込)

冒険心をくすぐるスポーツアドベンチャーツアラー・Vストローム800DEが、マットスティールグリーンメタリックとパールテックホワイトの新色2色を含む2024年モデルカラーにチェンジして登場。チャンピオンイエローNo.2は継続色です。メーカー希望小売価格は2023年モデルから据え置きです。

新発売!!

Vストローム650XT ABS 2024年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥1,001,000(消費税10%込)

スタンダードモデルをベースに、ワイヤースポークホイールを装備。さらにハンドガードやエンジンアンダーカウルなども備えたXT。2024年モデルは車両価格据え置きで、カラーチェンジして登場。チャンピオンイエローNo.2、ブリリアントホワイト/パールビガーブルー、グラススパークルブラックの3色の設定に

Vストローム650 ABS 2024年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥957,000(消費税10%込)

ミドルアドベンチャーのロングセラーモデルとなっているVストローム650 ABS。2024年モデルは車両価格据え置きで、パールビガーブルーとグラススパークルブラックの2色の設定。

新発売!!

GSX-S1000GX 2024年モデル

メーカー希望小売価格¥1,991,000(消費税10%込)

GSX-S1000GXは、スポーツツアラーとアドベンチャーを融合させたクロスオーバーバイク。スズキアドバンスドエレクトロニックサスペンション(SAES)をスズキの二輪車として初めて採用したほか、多彩な電子制御機能を採用することで、シチュエーション、路面状況、ライディング歴などに左右されない高い知性とパフォーマンスを気軽に使いこなすことができる大型二輪です。ETC2.0車載器も標準装備。

新発売!!

GSX-8R 2024年モデル

メーカー希望小売価格¥1,144,000(消費税10%込)

SX-8Rは、2023年11月にイタリアで開催されたEICMA 2023(ミラノショー)で発表されたモデルで、各国で高い評価を得ているGSX-8Sをベースに、スポーツライディングに適したカウリングや、セパレートハンドルを装備した大型二輪車です。スズキスポーツバイクのアイデンティティを踏襲した縦型2灯LEDヘッドランプの象徴的なデザインを纏ったフロントフェアリングが最大の特徴。

好評発売中!!

GSX-S1000GT 2024年モデル

メーカー希望小売価格¥1,595,000(消費税10%込)

快適に長距離走行できるグランドツアラー、GSX-S1000GT。カラーチェンジを受け、2024年モデルとして登場です。

定番人気カラーとなるトリトンブルーメタリックはそのまま継続ですが、キャンディーダーリングレッドは新色。そしてサブフレーム、フロントフォーク、前後ホイールがゴールドに塗られ強烈な印象となっています。また、定番のグラススパークルブラックも今回、前後ホイールやロゴがゴールドに変更され高級感アップ。メーカー希望小売価格は嬉しい据え置きです。

好評発売中!!

GSX-S1000 2024年モデル

メーカー希望小売価格¥1,430,000(消費税10%込)

前衛的なスタイリングを身に纏い、ライダーの走る楽しさを追求したGSX-S1000。カラーチェンジを受け、2024年モデルとして登場です。

トリトンブルーメタリックはグラフィックの変更に加えて、ブルーとホワイトの組み合わせに。新色のマットソードシルバーメタリックは明るめのマットシルバーとレッドの組み合わせ。定番人気色のグラススパークルブラックは一部変更の継続カラーです。メーカー希望小売価格は嬉しい据え置き!

好評発売中!!

Vストローム800 2023年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥1,232,000(消費税10%込)

舗装路や長距離ツーリングでの高い快適性と走行性能を目指して開発されたVストローム800。先行して登場したV-STROM 800DEの兄弟車です。「DE」の21インチフロントホイール+チューブタイヤに対して、19インチフロントホイール+チューブレスタイヤが採用され、また、シート高が「DE」より30mm低い825mmとなっているのが特徴。ホイール自体もスポーク仕様からキャストホイールに変わり、舗装路での走行性能に適したモデル設定となっています。

好評発売中!!

Vストローム250SX 2023年モデル(黄)(橙)(黒)

メーカー希望小売価格¥569,800(消費税10%込)

街を駆け抜け、ツーリング先のワインディングロードや未舗装路を自由に楽しむVストローム250SX登場。油冷4サイクル単気筒OHC4バルブ249ccエンジンを搭載する新型スポーツアドベンチャーツアラーです。

好評発売中!!

Hayabusa(ハヤブサ)2023年モデル

レギュラーカラー・通常色(黒/黒)(白/青)(灰/赤)メーカー希望小売価格¥2,156,000(消費税10%込)

カラーオーダープラン・メーカー希望小売価¥2,211,000(消費税10%込)

Hayabusa 25周年特別仕様車

Hayabusa 25周年特別仕様車が国内300台で発売!!

メーカー希望小売価¥2,211,000(消費税10%込)

Hayabusa(ハヤブサ) 1台即納OK!!

Hayabusa 2022年モデル(黒・赤・赤)カラーオーダー車 展示中、即納できます。

好評発売中!!

バーグマンストリート125EX(各色)

メーカー希望小売価格¥317,900(消費税10%込)

毎日の走りに利便性や高い走行性能を追求した、ワンランク上の上質さと高級感を感じさせるコンパクトスクーター。さらに進化したSEP-αエンジンを搭載し、停止時にエンジンを自動で止めるアイドリングストップシステムや、エンジンを静かに始動させるサイレントスターターシステムも採用。また、ショートタイプのウインドスクリーンやシートの赤いステッチなど細部にまで高級感を演出するデザインが施され、標準装備のリアキャリアや巡航時に足を伸ばせるフットボードなど日常での快適性にも配慮されています。そしてキックアームが標準装備の125ccスクーターは、スズキだけ!!

好評発売中!!

Vストローム250 2023年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥646,800(消費税10%込)

デビュー以来ずっと人気車種のVストローム250は「日本を旅するバイクツーリングのベーシックモデル」、と言うと言いすぎでしょうか? ここ数年続いた災害やコロナ禍中でも、バイク旅に出かけた方々の何割かは候補にされた、日本のバイク旅を代表するアドベンチャーツアラーのうちの一台です。

エンジンの程良い中速域の扱いやすさは旅の相棒として相応しい特性。跨ってみて分かる驚くほどの足着きの良い乗車姿勢と、大きめで重さもある車体の安定感が、距離を走ってみると大きな助けになっていきます。ツーリング装備を満載した旅路での写真は、きっとあなたのバイクライフを飾る一枚になることでしょう。

※昨今の情勢により、ご予約を頂戴してお申込順での入荷待ちになりますのでご承知おきください。

※Vストローム250の前年モデルは(黒/赤)の店頭在庫があります。

好評発売中!!

GSX250R 2023年モデル

(赤/黒)(黒/金) メーカー希望小売価格¥602,800(消費税10%込)
(トリトンブルーメタリックNo.2)(白/黒) メーカー希望小売価格¥614,900(消費税10%込)

間違いなく絵になるカッコ良さを漂わせるフルカウルとセパレートハンドルのせいなのか、ご来店の方にも「もっと大きな排気量かと思った」と言われます。でも、跨ってみると足着きの良さから安心感を持つことができ、ハンドル位置と高さによる窮屈にならないちょうど良い乗車姿勢から、疲れにくさや扱いやすさが伝わってきます。

実際に走ってみると、使用頻度の高い中速域での力強さ、高速道路登り坂で大型貨物車の一気抜きを苦にしない快活さのあるエンジン特性で、どなたにも親しみのもてる運転のしやすさを感じます。そして、程良い大きさ・重さのおかげで、物理的な安定感と安心感は別格です。

初めてのバイクとしても、随分久しぶりな方にも安心してお薦めできる、実用域を楽しく走れるバランスの良いモテルです。

※昨今の情勢により、ご予約を頂戴してお申込順での入荷待ちになりますのでご承知おきください。

※前年モデルはブラックのみ店頭在庫があります。

好評発売中!!

Vストローム1050DE 2023年モデル(黄/銀)(青/白)

メーカー希望小売価格¥1,716,000(消費税10%込)

もっと自由に、グラベルライディングも楽しめるスポーツアドベンチャーツアラー!!

Vストローム1050 2023年モデル(青)(赤/黒)(黒/マット黒)

メーカー希望小売価格¥1,628,000(消費税10%込)

市街地での走行から、ロングツーリングまで幅広く楽しめる快適なパフォーマンスを実現。V-STROM1050、モデルチェンジして登場!

好評発売中!!

ジクサーSF250 2023年モデル(マット青)(マット黒)

メーカー希望小売価格¥514,800(消費税10%込)

油冷SEPエンジンを搭載した軽快かつ爽快な走りを可能にするフルカウルスポーツ、ジクサーSF250。平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応した2023年モデル。

ジクサー250 2023年モデル(マット青)(マット黒)

メーカー希望小売価格¥481,800(消費税10%込)

油冷SEPエンジンを搭載した軽快かつ爽快な走りを可能にするネイキッドスポーツ、ジクサー250。平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応して2023年モデル登場。

好評発売中!!

ジクサー150 2023年モデル(青)(赤/銀)(黒)

メーカー希望小売価格¥385,000(消費税10%込)

コンパクトボディに優れた走行性能・燃費性能を搭載。そして様々なシーンに映えるスタイリングが人気のジクサー150。平成32年(令和2年)国内排出ガス規制にも対応。

好評発売中!!

SV650 ABS 2023年モデル(青)(黒/灰)(黒)

メーカー希望小売価格¥803,000(消費税10%込)

スリムで軽量コンパクトな車体と、Vツインエンジンの融合が走る喜びを増幅する。SV650 ABSがカラーチェンジして登場。平成32年(令和2年)国内排出ガス規制にも対応。

※SV650 ABS 2022年モデル(黒)1台展示中、即納できます。

SV650X ABS 2023年モデル(マット銀)

メーカー希望小売価格¥847,000(消費税10%込)

レトロな雰囲気とスポーツイメージを融合し独自のスタイルを表現。SV650X ABSがカラーチェンジして登場。平成32年(令和2年)国内排出ガス規制にも対応。

好評発売中!!

アドレス125(各色)

メーカー希望小売価格¥273,900(消費税10%込)
インド国内で「アクセス125」として販売している最量販車の日本導入モデルで、アドレスシリーズの新型モデルです。ボディーは街になじむ丸みのあるデザイン。ヘッドランプとポジションランプには視認性の良いLEDを採用。軽量でコンパクトな124ccの空冷単気筒SEPエンジンを搭載しています。そしてキックアームが標準装備の125ccスクーターは、スズキだけ!!

好評発売中!!

アヴェニス125(各色)

メーカー希望小売価格¥284,900(消費税10%込)
流麗かつスポーティーなスタイリングにボディーマウントしたLEDヘッドランプや2灯式のLEDリアコンビネーションランプ、フル液晶ディスプレイなどを装備し、軽量な車体によるきびきびとした走りを実現したスポーティースクーターです。スズキだけの秘密ですが、125ccスクーターにもキックアームが標準装備です!!

展示中!!

GSX-R125 ABS 2021年モデル

メーカー希望小売価格¥415,800(消費税10%込)

手軽に乗れて何時でも楽しい「R125」。小さ過ぎないサイズだから、フルカウルのセパハンも楽しめます。6速ミッションでDOHCエンジンの吹け上がりご堪能頂けます。

GSX-R125 ABS 2台即納OK!!

GSX-R125 ABS 2021年モデル(青) 2台展示中、即納できます。

好評発売中!!

レッツ 2023年モデル

メーカー希望小売価格¥178,200(消費税10%込)

発売当初グッドデザイン賞を受賞した原付一種モデル「レッツ」は、おかげさまで引き続きご好評を頂いております。

愛嬌のある丸いヘッドランプと視認性の良いテールランプ、座り心地の良さと運転のしやすさ、シート下収納スペースやキャリアなど、使いやすさへの配慮が伝わります。小柄な方でも不安感のないシート高695mm、装備重量も70Kgですから押し引きが軽いので扱いやすく、いつも手元に置いておきたい一台です。

※フロントビッグバスケット付きの「レッツバスケット 2023年モデル」も発売中。メーカー希望小売価格¥199,100(消費税10%込)

レッツ 即納OK!!

レッツ 2022年モデル(各色)展示中、即納できます。

好評発売中!!

アドレスV50 2023年モデル

メーカー希望小売価格¥193,600(消費税10%込)

1987年発売より伝統的に直線的なデザインが採用されてきたアドレスV50は、歴史あるモデルです。現行の50ccスクーター「レッツ」との諸元では、シート高が710mm(+15mm)、装備重量は74Kg(+4Kg)の僅かな違いだけですが、実際にご来店頂ける際には是非お声掛け頂いてお確かめ下さい。

同じエンジンを搭載しているレッツとの標準装備の違いは、以下の2点です。
・レッツ「コンビニフック」→アドレスV50「かばんホルダー」
・レッツ「U字ロック積載キャリア」→アドレスV50「別体式U字ロックホルダー」

スズキの50ccスクーター生産は、2010年頃に中国生産だった時期もありましたが、僅か1〜2年後に日本生産に戻し、現在浜松工場で製造されています。排気量のわりに厳しい排出ガス規制を受ける50ccですが、普通に使う原付一種として十分な程には走ります。燃費の点でも、国の定める実用モード燃費試験で52.8km/L、定地燃費(30km/h)は66km/Lです。

ところで、国土交通省がすでに発表している最新排出ガス規制は、「第一種原動機付自転車にあっては、2025年11月より施行」と定められていますが、スズキはこれをもって50cc生産を撤退するものと思われます。バイクの電動化が進まない事情もありますので、まだまだ50ccスクーターが必要な方は機会を逃さず早めに乗り替えて下さいね。

アドレスV50 即納OK!!

アドレスV50 2021年モデル(各色)展示中、即納できます。

好評発売中!!

KATANA 2022年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥1,606,000円(消費税10%込)

最新排出ガス規制対応モデルです。

ひと目で「KATANA」とわかるデザイン。軽量アルミフレームに搭載したGSX-R1000ベースのエンジンが低回転域の力強いトルクと高回転域でのパワフルな特性を発揮することで、昂揚感のある加速と快適なライディングを実現。また、ライダーの負担を軽減し、扱いやすさを実現したメカニズムと電子制御をさらに充実。

スズキクラッチアシストシステム(S.C.A.S.)、ローRPMアシスト、ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステム、電子制御システムS.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載。トランクションコントロール(3→5モード化)、ドライブモードセレクター(3モード)、電子制御スロットル、双方向クイックシフト、クルーズコントロール装備。

実際に跨ってみるとイメージより扱いやすい車体でライディングポジションにも余裕があり、この4気筒1000ccなら乗れそうだと仰る方が多いモデルです。

KATANA 2019年式 中古車在庫あり!!

お問い合わせください!!

好評発売中!!

バーグマン400 ABS 2022年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥847,000(消費税10%込)

さまざまなシーンに映えるスタイリッシュなデザインがワンランク上の悦びを与えてくれる。バーグマン400 ABS、マイナーチェンジして登場。トランクションコントロールが装着されました。

展示中!!

GSX‐S125 ABS 2021年モデル(各色)

メーカー希望小売価格¥382,800(消費税10%込)

手軽に乗れて何時でも楽しい。体も心も窮屈にならないサイズ感。DOHCエンジン 6速ミッションは「やっぱ楽しい」実感。

ただいま実施中のスズキのメーカーキャンペーン
スズキ 快適!!足つきサポートキャンペーン

期間中、Vストローム250SXの新車購入されたお客様を対象に、新車購入特典としてローシート(純正用品)本体価格より1万2760円(税込)をサポート。
・キャンペーン期間 2024年5/31(金)まで

盗難補償サービス

スズキの原付新車(50〜125cc、競技車両は除く)ご成約の方は、加入申込みされると、申込み日時より1年間または2年間有効の盗難補償サービスにご加入いただけます。加入金は1年補償の場合はなし、2年補償は¥2,000(税込)が必要です。詳細はお問合せください。